優良なリフォーム会社の見分け方とは???

そもそも優良なリフォーム会社とはどういった会社なのでしょうか?

有名な会社でしょうか?店構えが立派な会社なのでしょうか?

いえいえそうではありません。

優良な会社とは、あなたのリフォームの目的に沿って、相談に乗ってくれたり、アドバイスをくれたりなどなど、あなたの希望リフォームを現実にカタチにしてくれる会社です。

また、目には見えない部分についても見過ごすことなく、きちんとリフォームしてくれる会社です。

ではどのようにして、そのような会社を見分ければよいのでしょうか?

◆営業マン(担当者)で見分ける

まずは第一に営業マンの「質」を見極める
人当たりが良い = 良い営業マンとは限りません!!

  • 見積もりや、契約書・計画書の難しい専門用語や各工程についてわかりやすく説明してくれるか。
    ⇒専門用語など、分からない部分はしっかりと質問してください。
  • 施主のリフォームの目的、要望、希望をしっかり聞きだしてくれるか。
    ⇒本当に施主様の立場になって、理想のカタチを現実にしようとしてくれているのか。
  • 目的に合ったよりお得な最善の方法を提案してくれるか。
    ⇒親身になって予算の事なども考えてくれるか。
  • 見積書に明細が記載されているか。
    ⇒あいまいな見積書は要注意です!

◆会社の雰囲気

リフォーム会社の候補が見つかったら会社を訪問してみましょう。

良いリフォーム会社は会社の雰囲気が良い。
⇒つまり、挨拶をはじめ、お客さんへの対応がきちんとできているか。

清潔感があるか。整理整頓ができているか。
⇒社内が清潔で、整理整頓できていれば、現場でも施主に対する事細かな配慮が期待できます。

社内の雰囲気は現場の雰囲気に直結するということ。

◆現場を見せてもらう

自分の家をリフォームする前に、今工事中の物件を見せてもらいましょう。

  • 現場の掃除・整理整頓ができているか?
  • 現場の人が明るい雰囲気で働いているか
  • 現場にキズや汚れがつかないように、ブルーシートや毛布を敷いて仕事をしているか?
  • マナーは良いか?

いずれもお仕事の基本中の基本です。基本ができていない会社は何をやってもダメだということ。逆に言うと、基本ができている会社はより細かな気配り、仕事が期待できるということです。

是非、チェックをお試し下さい。

お問い合わせは今すぐコチラへ!メールでのお問合せはコチラ!