失敗しないリフォームとは???

「リフォームを失敗した!」と言う人をなかなか見たことがないのではないでしょうか?

これは、「失敗したことを人に言うのが恥ずかしい」といった心理がはたらくため、失敗しても周囲の人に言えないためです。

近所の人に、「あのお宅、リフォームで失敗したらしいわよ」なんて、誰でも言われたくないものです。

では、どのようにして失敗を防げばよいのでしょうか?

◆そもそもなぜリフォームが必要なのかを明確にする

リフォームをする具体的な理由を挙げてみる

  • 家族構成の変化によってリフォームが必要
  • 住宅の老朽化によってリフォームが必要
  • ライフスタイルを変えたいからリフォームが必要
  • 生活改善の為にリフォームが必要

などなど

◆目的が明確になったら目的に沿ったリフォーム内容を具体的に挙げてみる

例)
家族構成の変化によるリフォーム
⇒廊下やお風呂に手すりを付ける。風呂場のドアを引き戸にする。バリアフリーにする。などなど。

生活改善の為のリフォーム
⇒リビングを広くする。トイレを洋式にする。床をフローリングにする。など

ライフスタイルを変えたい
⇒テラスを作る。キッチンカウンターを作る。など

◆予算と合わせる

いくらまでならリフォームに使えるのか、予算を算出してみましょう。

あれもしたい。これもしたい。と、欲張ってはどんどん予算が膨らむだけです。

目的を最優先させ、リフォーム会社に相談しましょう。

建材だけでも、量産品とこだわりの素材とでは、価格がかなり違います。

リフォーム会社から見積もりが出てきたら、相談してみてください。

全てを新しくしなくても、愛着のある部分はそのまま残すということも、新築では味わえないリフォームならではの良いところです。

お問い合わせは今すぐコチラへ!メールでのお問合せはコチラ!