火災警報器

ご存知ですか?2006年6月より消防法改正によって戸建住宅への火災警報器設置が義務付けられました。

火災警報器設置の注意点

火災報知機の設置義務化によって、色々と注意しなければならないことがあります。
取り付ける部屋によって感知機の種類が決まっていることに加え取り付ける場所も、感知機に同梱されている取り扱い説明書を良く読んで取り付けて下さい。

また、一部市町村条例によって火災報知機の設置場所が決められる事でしょうか。この市町村条例によって設置場所が指定される場合が多いので、確認しておくことが大切だと思います。安全を最優先するためにココにも火災警報器を設置しましょうというものです。
これについては、お住まいの市町村のホームページをご自身で確認してもらうのが一番だと思います。

住宅用火災警報器は、必ず日本消防検定協会が認定した証拠となるNSマークが付いているものを選んでください。

また、電池式のものもありますので、電池の寿命などもご確認下さい。

設置する場所・・・各市町村の条例によって義務付けられている場所が違いますので、ご確認下さい。
火災警報器

①寝室
就寝に使用する部屋の天井または、壁面に設置します。
②階段
就寝に使用する部屋がある会の階段の踊り場の天井または壁面に設置します
※ただし避難階(一階等の容易に避難できる階)の階段は除く
③3階建て以上の場合
火災警報器を設置しない会で、就寝に使用しない居室が2階以上連続する場合は、火災報知器を取り付けた階から2階離れた居室のある階の階段に設置します。
④その他
上記までの基準で住宅用火災警報器を設置する必要がなかった階で7㎡(4畳半)以上の居室が5以上ある階には廊下への設置が必要となります。
また、台所などへの警報器の設置も推奨されています。

取り付け位置

火災警報器の位置

◆天井に設置する場合

火災警報器位置

◆エアコンから

火災警報器位置3

◆壁に設置する場合

弊社取扱商品
火災報知機

■360°センサー、確実感知
360°煙を感知するセンサーが天井に最も近い場所に内蔵されています。
■親切・安全設計
電池入れ忘れ防止機能、電池の設置前消耗を防ぐタブ付き。
■確実作動設計
45秒に1回、自動的に光電センサーのテストを行ない異常が発生した場合は、LED発光と警告音によってお知らせします。
また電池消耗時などの場合も同様にお知らせします。
LED発光と警告音は電池寿命が残り少なくなってから約3週間作動します。
■信頼の10年保証
業界最長の10年間機器保証を実施しています。
■米国シェアNO.1
FirstAlertはアメリカ合衆国でのシェア43%(2004年Resolution Re-search & Marketing,Inc.調べ)と全米からNO.1の評価と信頼を得ています。

お問い合わせはコチラ

奥田材木店
TEL:072-229-9200
Mail:eco@okuda-wood.com

お問い合わせは今すぐコチラへ!メールでのお問合せはコチラ!